成婚に導くコラムサイト「マリトレ」

婚活が難しいのは当たり前!困難を乗り越えるための対処法!

婚活をスタートしたのに、なかなかうまくいかない。そんな悩みを抱えていますか?次々と交際を成功させ、結婚していくカップルを見ると、「自分もいつかは・・・!」と思うものの、思いどおりにいかないと悔しい気持ちになりますよね。婚活が難しいと感じているなら、何が原因なのかそれを見極めることからスタートしましょう。

ここでは、婚活がうまくいかない原因を見極めて、スムーズな婚活を行なうための方法をご紹介します。

婚活はなぜ難しいの?

婚活サイトや婚活パーティーなどで「この人、いいかも」という人と出会っても、交際にまで発展させるのは難しいものです。また、自分にアプローチしてくれた人がいても、好きになれないということもあるでしょう。そんなことが続くと、「婚活って難しい」とつくづく思うものですよね。そもそも、どうして婚活はこうも難しいのでしょうか?

ライバルが多い

自分が「いいな」と思う人は、周りも放っておきません。婚活パーティーでも、素敵な人の周りには、たくさんの異性が集まってきます。職場などでも同様で、同じ人を何人もの異性が狙っているということは、よくあることではないでしょうか。たくさんのライバルがいる中で自分を選んでもらうというのは、なかなか難しいことです。周りのライバルに勝つためには、自分自身に彼ら、もしくは彼女たちを上回る魅力がないといけません。

自分に合う相手が見つからない

婚活が難しいと感じる理由として、自分に合う相手が見つからないというものもあります。婚活パーティーや合コン、街コンなどに参加しても、なかなかいいと思える人に出会えない。「いいかな」と思った人がいても、ちょっとした相手の短所が気になって、自分には合わないと感じてしまう。そのようなことが多いと、交際には発展しません。

また、年齢を気にしてしまう人もいることでしょう。
30代に入った女性は、「適齢期を過ぎてしまった」という気持ちから、婚活中であるものの、積極的にアプローチすることをためらうことがあるかもしれません。
20代の男性の場合は、婚活パーティーなどで経済力のある30代の男性が多く参加していれば、「勝ち目がない」と自分でブレーキをかけてしまうこともあるでしょう。気になる人と年齢差がある場合も、自分で釣り合うのだろうか?と、不安に感じるかもしれません。

いい出会いがあって付き合うことになったとしても、デートを重ねるうちに相手と性格が合わないことに気づくこともあるでしょう。見た目は好みでも性格が合わないということはよくあるので、自分の性格にピッタリの人を探そうとすると、「なかなかいい人はいない」となってしまいます。

婚活がうまくいかない人の特徴

多くの場合、婚活がうまくいかない人は、ほかの同性と比べて見た目が悪いわけではありません。結婚していく人達と比べて、出会いの場が極端に少ないというわけでもありません。

では、何が問題なのでしょうか?婚活がうまくいかず、婚活は難しいと感じている人の特徴をご紹介しますので、当てはまる点がないかチェックしてみましょう。

相手に求める理想が高い

婚活がうまくいかない人は、相手に求める理想が高すぎることが少なくありません。「年収は1,000万円以上」「高身長でイケメン」「一緒に歩いていて、自慢できるような人」といった理想を掲げると、なかなかそれに見合う人に巡り会うことはできないでしょう。もちろん、見た目は良いほうがいいですし、年収も多いほうがいいもの。でも、それを絶対条件に挙げてしまうと、出会いのチャンスをどんどん逃してしまいます。結果として、婚期を逃してしまうことも。

とくに若いときにモテた経験がある人ほど、「もっとふさわしい人がいるはず」と、相手に高い理想を求める傾向があります。相手を選り好みして、「この人でもない」「あの人は、○○だからイヤ」などと言っていると、なかなか結婚につながるような恋愛はできません。婚活が難しいと感じているなら、相手に求める理想が高すぎないかどうか、素直に吟味してみましょう。

受け身の姿勢をとってしまう

「自分を好きになってくれる人なんていないだろう」「気になる人がいるけれど、脈がなさそう」という風に、ネガティブに考えるクセがあると、それも婚活がうまくいかない原因になります。男女問わず、ネガティブ思考の人は魅力的に映りません。それに対して、ポジティブで明るい人は、それだけで魅力的に映ります。どんなに容姿が整っていても、ネガティブに考えるのをやめなければ、出会いのチャンスを活かすことは困難です。

恋愛に対して、受け身の姿勢をとっている人も、婚活がうまくいかない傾向にあります。自分から行動せずに相手からのアプローチを待っているようでは、なかなか恋愛には進みません。受け身の姿勢でも相手からアプローチしてもらえるのは、よほど魅力的な男女のみ。世間的に「売れ残り」と思われてしまっている年齢の女性や、恋愛下手の不器用男性では、相手から声を掛けてもらえる確率は低いのが現実です。気になる人がいたら、積極的に自分のほうから声を掛けることが大切。そうすることで、自分の存在に気づいてもらえます。

スムーズに婚活をするためには?

婚活を頑張っているのに、うまくいかないと、それが大きなストレスになってしまいます。最近では、婚活ノイローゼといって婚活によるストレスから心身への不調を来たす人も増えてきているのだそうです。自分を追い詰めるほどの婚活は、結果として自分を結婚から遠ざけてしまうので、婚活をするなら力を抜いて、楽しみながら行なうようにすることをおすすめします。

自分を見つめ直す時間を作る

婚活がうまくいかないと、「もう結婚できないかも!」と焦ってしまうものです。しかし、焦って婚活を続けていては、ストレスにしかなりません。

そんな場合は、思い切って婚活を休みましょう!婚活のことを一切考えずに、気分転換の旅行に行ってみてはいかがでしょうか?仕事をしていると、海外旅行は難しいかもしれませんが、週末を利用したちょっとした小旅行ならできるはず。「旅行先で出会いがあるかも!」などといった考えは置いておいて、とりあえず心から旅行を楽しみましょう。しばらく婚活について考えるのは完全にお休みします。
婚活を休む場合は、2カ月とか、半年とかいった期限を決めておくのがおすすめ。そうすると、気持ちを切り替えることができます。婚活を休んでいる間は、習い事をしたり、何か資格を取ったりして、自分磨きのために用いるといいでしょう。そうすれば、婚活を再スタートするときに、さらなるアピールポイントを増やすことができます。

また、趣味を見つけて、それに没頭してみるのもおすすめです。趣味をきっかけに新しい交友関係を築き、さらに人としての魅力をアップさせることもできるでしょう。

色んな婚活サービスを活用する

婚活がつらい、難しい、と感じる場合は、いろんな婚活サービスを活用するのがおすすめです。婚活の方法は実にバラエティに富んでいるので、複数の婚活サービスを利用してみるといいでしょう。活用したい婚活サービスは、下記のとおり。

婚活ツアー
婚活パーティー
合コン、街コン
婚活サイト
結婚相談所

それぞれの婚活サービスに、メリットとデメリットがあるので、サービスを比較して自分の状況に合ったサービスを選びましょう。

上手くいかない時ほど焦らずに

婚活がうまくいかず、難しいと感じているなら、まずは自分自身が婚活を難しくさせていないか分析してみましょう。理想が高すぎたり、恋愛に対して受け身の姿勢をとっていたりすると、恋愛をスタートさせることは難しいものです。

もしも自分にできる努力を払っているにもかかわらず、なかなか婚活がうまくいかないという場合は、しばらく婚活を休息して気分転換をすることをおすすめします。休息期間に自分磨きを頑張れば、将来の出会いにつなげることができるかもしれません。

また、さまざまな婚活サービスを利用すると、出会いの機会を増やすことができます。婚活を再スタートする場合は、ぜひ婚活サイトや結婚相談所などの婚活サービスを利用しましょう!

自分一人だけじゃ結婚できるか不安…なら専門のコンシェルジュに相談しよう!

早速相談してみる

  • LINE
  • はてなブックマーク
  • pocket