成婚に導くコラムサイト「マリトレ」

今からでも遅くない!令和元年に結婚をしよう!

元号が平成から令和に改元されて、これから新たな気持ちで婚活に励もうと思っている方も多いことでしょう。そして、どうせなら令和元年に結婚したいと思っている人も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、令和元年に結婚するために何をしたらいいかご紹介していきます。

令和に結婚するためには!

結婚するためには、積極的に出会いの場に行くことが絶対条件。令和元年に結婚したいなら、様々な出会いの場に出かけて行って、より多くの人と出会う努力をしましょう。

積極的に出会いの場に行こう!

様々な婚活方法があるので、いろいろと試してみて、自分に合った婚活方法を見つけてみましょう。

婚活パーティー、イベント

一度にたくさんの人と出会うことができるのが、婚活パーティーや街コンといったイベントです。婚活パーティーでは一人ひとりと話す時間が限られていたりすることもあるので、何を聞きたいか、どんなことを話すか事前に準備しておくようにしましょう。

イベントに参加するときには、共通の趣味を持った人たちが集まる趣味コンなどを探して参加するのがおすすめです。共通の趣味を持っていると話も盛り上がりやすく、意気投合する確率も他の街コンよりも高くなります。

友人の紹介

友人から「紹介したい人がいる」と言われたら、できるだけ断らずに会ってみるようにしましょう。友人の紹介であれば、相手の身元がはっきりしているので、安心して交際もスタートさせることができます。

既婚の友人がいれば、恥ずかしがらずに「いい人がいたら紹介してくれない?」「旦那の友人で婚活している人いたら紹介して」とお願いしておきましょう。

相席屋やバーなど

相席屋に行くと、確実に異性と出会うことができます。お店のスタッフが乾杯の音頭を取ってくれるので、盛り上がった状態で相席をスタートできます。

話をするのが得意でないという方でも、みんなで遊べるゲームが用意されているので、場を盛り上げることができるでしょう。
ただ、相席屋で結婚を考えている人は少ないかもしれません。
相席屋には複数で行くのが基本ですが、バーには1人で行くのがおすすめです。1人でいたほうが話しかけられやすくなります。

バーで男性と目が合って、話してもいいなと思ったら、にっこりと微笑みかけてみましょう。そうすると男性も声をかけやすくなります。

婚活サイト

数十万人と出会う機会があるのが婚活サイト。趣味や価値観が合う人を探す機能もあったりするので、自分と相性のいい人と出会いやすくなっています。

結婚したい期間を絞れば、早く結婚したい人と出会える可能性があるので、機能をフル活用して出会いを探していきましょう。


早く結婚するためには?

令和元年に結婚するためには、「早く結婚したい」と考えている相手といかに多く出会えるかがポイントになってきます。

短期間で結婚までいくためには、次のことを実践してみましょう。

付き合う前に結婚アピールをする

これをしておくと、結婚する気がない男性が寄ってくるのを予防することができます。逆に、寄ってきてくれる相手というのは、早く結婚したいと考えている人になるので、結婚までトントンと話が進んでいく可能性が高くなります。

結婚する予定がない男性との交際は避ける

フィーリングが合うなと思った相手であったとしても、今の時点で結婚する気がない男性とは交際しないようにしましょう。

そういう男性と交際を開始してしまうと、何年経っても結婚することができず、結局数年後に別れて「貴重な時間を無駄にしてしまった」と後悔することになりかねません。

結婚前提のお付き合いをする

婚活をしている人のほとんどは、結婚を真剣に考えている人です。とはいえ、交際を始めるときに「結婚を前提にお付き合いしたい」ということを改めて宣言しておくと、物事がスムーズに進みやすくなります。

結婚前提でお付き合いができると、早い段階から相手の両親ともコミュニケーションを取ることができるでしょう。また、デートをしているときに、「どこに住むことにするか」、「子供は何人欲しいか」といった結婚後のことについても話しやすくなります。

自分磨きをする

早く結婚したいと思っていても、自分磨きをしていないと良い人との出会いはなかなか巡ってきません。男性は、家庭的で品のある女性と結婚したいと思っているので、男性から求められる生活スキルや内面の美しさを磨くようにしましょう。

令和中に結婚するための準備は何をする?

改元に伴って新たに出会いを求める人たちが増えています。そのため、今は婚活をする絶好のタイミング。

では、令和中に結婚するために、今どんな準備をしたら良いでしょうか?

令和中の結婚への準備を着実に進めよう!

新規の出会いを求めやすくなる

令和という新しい時代が始まったことで、この機会に婚活を始めようという人も増えてきました。
そのため、今まで会えなかった人と会う機会も増えてきます。

魅力的な男性には相手がすぐに見つかって結婚していってしまうので、有望な男性が売り切れてしまう前に婚活に力を入れましょう。

普段からメリハリの効いた生活を送る

婚活は短期決戦で終わらせるのがセオリーを言われています。ダラダラとやるよりも短期間で集中して婚活することで、結婚相手を見つけることができるのです。

普段からメリハリの効いた生活を送っていると、スイッチを入れて婚活に打ち込むことができますから素早く結婚ができます。

もしも、今の生活スタイルがちょっとだらしないなと感じているのであれば、婚活を始めるのと同時にメリハリの効いた生活にするように努力してみましょう。

行動力がある人は出会いにも敏感になれる

積極的に出会いの場に出かけていく行動力のある人は、出会いに敏感なのでより多くの異性と会う機会があります。婚活に出かけていくときには常にアンテナを張っておくようにして、些細な出会いも見逃さないようにしましょう。

増税前にお得に出会いを探す

2019年10月から消費税が8%から10%に引き上げられます。婚活パーティーや街コンに参加するにしても婚活サイトに登録するにしても、10月以降は何かと影響が出てきます。なので、増税前の今こそ婚活に力を入れて出会いを探しましょう。

また、結婚する意志が固まったら、増税前までに婚約指輪や結婚指輪の購入を済ませておきたいものです。

令和元年に入籍するには!

結婚式を令和元年中に挙げるのは難しいとしても、令和元年中に入籍するというのは可能性がまだまだあります。令和元年に入籍するためには、令和元年中に婚姻届けを提出しないといけません

婚姻届を役所に提出し受理されると入籍

結婚=入籍なので、婚姻届けを役所に提出して受理された時点で結婚したということになります。

婚姻届けの提出の窓口は、夜間窓口があるので24時間365日いつでも提出することができます。なので、2019年12月31日の23:59までに提出すると、令和元年に入籍が可能なわけです。

ただし、令和元年ギリギリに提出して不備があった場合には受理されないので、令和元年に結婚することができなくなってしまいます。

12月に婚姻届けを提出するのであれば、最低でも役所窓口が開いている12月27日までに提出しておくほうが良いでしょう。

もちろん、役所窓口でも不備があると受理されないので、ある程度余裕を持って婚姻届けを提出するようにおすすめします。

目指せ令和婚!

令和元年に結婚する方法について、ご紹介してきました。結婚するためになんといっても必要なのは行動力です。積極的に出会いの場に出かけて行って、すぐに結婚したい人を探してください。また、気になる人に出会ったら、結婚前提の付き合いをすることで、短期間のうちに結婚まで至ることができるでしょう。

3人に1人が入籍•婚約をする
ブライダルネットで令和元年婚を目指そう

お相手探しをスタート

  • LINE
  • はてなブックマーク
  • pocket

この記事のキーワード