婚活での行動が大事!大人女子として愛される戦略術

30代になってもモテることは可能なのでしょうか?結論から言うと可能です!
いい条件の人がいない」「お見合いパーティーでなかなか声をかけられない」そんなことがあっても年齢のせいと嘆いていてはもったいない!!今回は、杏奈もクライアントさんも実践済み!「大人の女性」として愛されるための行動戦略を紐解いていきましょう!

ライター:杏奈薫

自分の市場価値と魅力の上げ方

まず初めにとるべき行動は計画です。
恋愛市場においても、自分自身を知った上で、正しくターゲットを絞ればうまくいきやすいのです。
自分の求めるものを定め、自分を求めてくれる人とのマッチングを狙うのです。
決して「妥協」するのではなく、理想の「純度」をあげるのです。
いい条件や人からの見られ方などを省いて、「私には本当は何を求めているのか」そこを大切にしていきましょう。
その次に、とるべき行動は戦略です。
男性から大人女性はどう見られるのか。大人女性の魅力と難点を理解していきましょう。
実際にさまざまな男性からヒアリングした「30代女性」の魅力は、大まかに以下の3つです。
精神的に大人
若い女性のように気持ちが不安定だったり、一方的なわがままを言ったりしない。すぐに怒ったり、捻くれたりせずにパートナーを支えてくれる、相手を理解して見守ってくれる。未熟さも受け入れて見守ってくれる。そんな包容力をイメージしているようです。
経験豊富
相談した時に適切なアドバイスをくれる、仕事ができて社会人としてのモラルやマナーを心得ている、人によっては性的な経験にも慣れている、といったところです。特に歳下の男性は、人生経験・社会経験などの知性に魅力を感じる人は多いようです。
落ち着いている
キャピキャピしている女性が苦手という男性には、落ち着きがあるということは大きな魅力としてうつります。騒がしい居酒屋ではなく、落ち着いたお店でゆっくり飲めそうな女性が好きな男性は、年齢問わず一定数います。

いかがでしょうか。若い人にはない、大人女性の魅力を求める男性はたくさんいるのです。
ただ、難点として以下のようなイメージもあげられています。

プライド意識が高そう
見る目が厳しそう
理想が高そう
可愛げがなさそう

もしもこの中で思い当たるところがあれば、すぐに改善していきましょう。
こういったイメージは、心がけ次第で払拭できるからです。人は誰しも完璧ではないと理解し、優しい心を持ちましょう。男性は「プライドを傷つけられる恐怖」を強く持っていますので、男性の未熟さを見つけても、否定をせず、寛大な心で受け止めることです。あなたの周りにいる仕事の出来が良い上司と比べてはいけません。
また、何歳になっても「愛嬌」は愛されます。ビジネススマイルだけでなく、純粋に心から楽しんで笑顔になれる人は、男性からも親しみやすさを感じてもらえますよ。

歳上or歳下どっちが狙い目?

30代女性にとって狙うべきなのは、歳上、歳下どちらでしょうか。結論から言うと、どちらも狙い目です
もし、あなたが歳上男性の方が好きな場合、歳下であることはそれだけで魅力的になります。なぜなら、男性は自分より若い女性を求める傾向があるからです。「20歳と付き合いたい」という高望みをするおじさんは一部いますが、ほとんどの人は、「あまり歳が離れていても話が合わない」などの理由で自分よりもちょっと下くらいの方を求めます。
その為、落ち着いたアラフォー男性からすると30代の女性はとっても魅力的。
逆に歳下好きほど多くはありませんが、若い男性でも「歳上好き」という男性は一定数いらっしゃいます。(杏奈の感覚値だと10人に1人くらい)
歳上女性が好きな男性にも2パターンいて、「しっかりした姉御肌」を求めるタイプと「大人だけど、か弱い女性」を求めるタイプです。女性でも自分が主導権を握っていきたい方は前者を、男性にリードしてもらいたい、という方は後者の歳下くんを選ぶといいでしょう。

今は、歳下でも極端に頭が良く、精神年齢が高い人もいます。年上でも会話の内容が幼く、意固地で頼りにくい人もいます。実際のところ年齢はあまり気にせず、その人の中身や自分との相性を重視する方が、幸せになれる可能性があります

婚活女子がするべき行動戦略

女性大生がモテる理由は、若さという魅力と共に、未熟さという隙があるからです。すぐには結婚を考えなくてもいいという気楽さもありますよね。若い頃は、良くも悪くも待っているだけで、たくさんの男性に声をかけられます。
でも、大人の女性になったのであれば、自分から積極的に声をかけることが大事
というのも、婚活サイトなどで、女性に積極的に声をかけてくる男性は2パターン。
女性慣れしている人か、結婚に対して本気で焦っている人だからです。
多くの女性が、「声をかけられても、既婚者やあまりイケていない独身男性しかいない。」と悩んでいますが、受け身でいることが原因です。
それなりに見た目がイケメンでもてる男性や、まだ焦るほどではない余裕のある男性は、自分から積極的に女性に声をかけないのです。
婚活サイトや婚活パーティーにおいてもそれは同じです。
よほどの女好きの方か、この人しかいない!というくらい運命を感じた女性がいた場合を除いて、受け身でいようとする考え方がほとんどです。
だからこそ出会いを待っているだけではダメ!自分から積極的に声をかけていきましょう。
多少、草食系の男性でも、付き合えば積極的にリードしてくれるようになります。
最初に連絡先を聞く、デートに誘うくらいは、女性からしてもOK!
奥手な男性ほど浮気せずに、彼女を長く大切にしてくれますよ。

正しい戦略があれば、30歳を過ぎてから最高のモテ期を体験することも可能です。
まずは、受け身になっているのではなく、自分から積極的に行動をしましょう!

モテる戦略術を使って

活動をスタート

杏奈薫のプロフィール写真

記事を書いた人

杏奈薫(あんなかおる)

4歳から恋愛体質だが、人間関係が苦手で不登校になる。努力してトラウマになるほどのモテ期を乗り越えたコツを余すことなくお伝え中。現在は恋愛講師、コンサルタントとして、男性には共感力をベースにした草食系男性向けのステップを、女性には自分軸を大切にした恋愛成就の在り方を伝えている。

読むだけで恋人ができる!両思い体質になるブログ

https://ameblo.jp/carrollhoshi/

  • LINE
  • はてなブックマーク
  • pocket