【成婚インタビュー】ブライダルネットだからこそ掴んだご縁

【成婚インタビュー】ブライダルネットだからこそ掴んだご縁

婚活サイト【ブライダルネット】で出会ってご結婚をされたカップルがIBJにご来社!幸せいっぱいのお二人にブライダルネットでのご活動やご結婚までの道のりをインタビューしました。

自分を伝える

自分を伝える
真剣にお話をしてくれるお二人

───早速ですがお二人がブライダルネットにご登録をされたきっかけを教えてください。

だいすけさん(仮名/30代後半) 「他の恋活・婚活サイトにも登録をしていたんですけど上手くいかなくて。そんな時に口コミでブライダルネットが優良サイトとして紹介をされていたのがきっかけで登録をしました。上場をしていることと、結婚相談所を運営をしている所も安心感がありましたね。実際に活動をしてみると結婚に対し真剣な方が多く、ここでなら相手が見つかると思いました。」

あいこさん(仮名/30代前半) 「私も無料で活動が出来る他のサイトを利用していたんですが、ことごとく上手くいかなくて。お金をきちんとかけないと結婚相手には出会えないな、安心して相手に会うことも出来ないな、と思ったのがきっかけですね。」

───ブライダルネットでの活動中、だいすけさんはプロフィールにとても力を入れられていたとか?

だいすけさん 「とにかくプロフ写真と自己紹介にはこだわっていました。どんな風な写真が良いのか、どんな自己紹介が響くのか・・・もう研究の域だったと思います(笑)少しでも良い印象になるように何度もプロフ写真を変えました。最終的には自撮り棒まで買って撮影をしたんですよ。自己紹介も何度も書き直して文字数制限ギリギリまで書いてましたね。自分に出来ることは何でもやろうという気持ちでした。自己紹介には嘘は書きませんでしたけど、ネガティブなことは書かず読み手を意識して、自分のことを伝えました。書き過ぎかなっていう位(笑)でもしっかり書いていたからこそ、彼女と出会えたんだと思います。」

───プロフ写真や自己紹介、日記やコミュニティへの投稿。ブライダルネットにはご自身のことを伝えるツールが色々とあります。何をきっかけにお相手があなたのことを見つけるかは分かりません。ただ言えるのは、より多くアクションを起こすことが出会いの可能性を広げ、またその一つ一つでお相手があなたとやりとりをするか否かを判断するということ。だからこそ自分の出来ることをまずはしてみる、常にお相手からどのように映るかを意識するのが大切ということですね。

結婚への決意が固まった瞬間

結婚への決意が固まった瞬間
インタビュー中は笑顔が溢れていました♪

───メールでのやりとりやデートを重ね、お付き合いまで進まれたお二人。初めから結婚は意識されていたんですか?

だいすけさん「僕は元々結婚をする為にブライダルネットを選んだので、もちろん意識をしていました。」

あいこさん 「私もこのまま付き合っていけばゆくゆくは結婚をするだろうな、という漠然としたイメージはありました。ただやっぱり初めてのことなので不安もありました。でもちょうど5月位だったかな。彼が仕事が上手くいかなくて落ち込んでいる時があったんです。自分が落ち込んでいる時ってなかなか周りの人を思いやったり気遣ったりする余裕ってないじゃないですか。でもそんな時も彼は私のことを一番に考えてくれていたんです。その時にこの人とだったら、この先ずっと一緒にいられるなと感じて。結婚という言葉がふっと湧いてきたんです。」

だいすけさん 「彼女が『最悪仕事がなくなったって大丈夫。結婚してこれから二人で何とかしていけばいい。』って言ってくれた時に結婚を決意しました。僕の中で結婚ってある程度お互いの仕事などが上手くいっている時にするものかと思ってたんです。でも逆に上手くいっていないときに彼女がそう言ってくれたことに『すごいな』と感じましたし、彼女とならこれから頑張っていけるな、と思いました。」

あいこさん 「もちろん結婚をしていく上で多少のお金は必要だと思います。でも最低限あれば楽しめるんだから、怖がらず一緒に頑張っていこうっていう気持ちを彼に伝えたくて、自然と言葉が出てきたんですよね。結婚への気持ちがお互いに固まったのはその時ですけれど、彼は後日、ちゃんとプロポーズもしてくれたんですよ。私達二人ともお酒が大好きなんですけど、ある日自宅の2階にあがったら芋焼酎の一升瓶がおいてあって。包みをあけたら熨斗に「結婚してください」と書いてあったんです。彼は照れて1階に隠れていたので、私は一人ではしゃいでいて・・・すごく嬉しかったのを今でも覚えています。」

諦めなかったからこそ今がある

諦めなかったからこそ今がある
受付前で記念写真♪

──────順調にご結婚まで進まれたお二人ですが、実はお互いに出会うまでは婚活で苦労をすることもあったそう。どんな風に乗り越えてきたのでしょうか?

だいすけさん 「僕は4年間婚活をしていました。上手くいかないことも多く、悩むこともありましたが、どんなに上手くいかなくても結婚をしたいという気持ちがあったのであきらめずに最後までやるしかないと思っていました。実は僕、彼女に会うまでに他の婚活サイトと合わせてトータルで2,000人に『いいね』を送ったんですよ。数だけ言うと皆にびっくりされます(笑)婚活を長くやっていると、『あの時こうしておけば良かった』と後悔することは沢山あって。でもそのおかげで自分の価値観に変化があったり、次はこうしてみようと思うことができたので、悩んだことや苦しかったことの一つ一つが彼女に出会うためのものだったんだな、と思います。」

あいこさん 「私は2年間婚活をしていて、50人位と会いました。今思うと、本当によくこれだけの人数に会ったなぁと思います(笑)でも色々な人と会うことで段々と自分の好みが分かってきました。どんなに条件がよくてもここがダメな人は自分とは合わないな、とか。婚活を通して自分のことも見えてきたんですよね。
ただ、何十人と会うとそれなりに気も遣うし、疲れてしまう時も正直あって・・・・。でも父に『普通に生きているだけじゃなかなか出会いはないぞ』と言われていて。その通りだな、と思っていたので婚活の場にはずっと身をおいていました。『両親の喜ぶ顔が見たい』辛い時はいつもこの気持ちを思い出して、頑張ろうって思い直していましたね。婚活をしている間は苦しいことも多かったですけど、ブライダルネットを選び、頑張ったからこそ今があるんだと思います。」

──────婚活をしていると、なかなか結果が出ずに諦めようと思うことも時にはあるかもしれません。でも信じて続けること、自分の出来る努力をすることがご縁を引き寄せることに繋がるのでしょう。

ご結婚をされてから1ヵ月。毎日が楽しいとおっしゃるお二人はインタビュー中も幸せそうな笑顔を見せてくれました。だいすけさん、あいこさん、末永くお幸せに!