成婚に導くコラムサイト「マリトレ」

彼女にしたいオンナではなく結婚したいオンナになる方法

草食系恋愛コンサルタント杏奈薫(あんな かおる)です!
結婚後もラブラブな友人がこんなことを言っていました。「恋愛は短距離でもいけるけど、結婚はフルマラソンだからね。お互いに走りきる努力が必要だよね。」と。

いやはや名言です。楽しいことばかりではないからこそ、どうしたら結婚というフルマラソンを走りきることが出来るのか。そのためにも今回は、「結婚したい」と思われる女性の特徴について書いていきますね!

ライター:杏奈薫

彼氏ができるのに結婚できないのはなぜ

実は、それなりにモテて彼氏は途切れないけど、なかなかプロポーズはされない、結婚できない、と悩む女性は多いのです。

男性にとって「彼女にしたい女性」と「結婚したい女性」には違いがあるのですね。

でも、それはきっと女性も同じ。あなたも、「彼氏としてはいいけど結婚相手としてはちょっとな…」とか、逆に「結婚したら幸せになれそうだけど恋愛感情がわかない」といった経験はありませんか?男性も女性も、無意識に「彼女として」と「結婚相手として」と別の基準を持っているものですね

では、「彼女として」はモテる人が、「結婚相手として」モテるためには、どうしたらいいのでしょうか?具体的には、社会性と人間性を磨いていくことです。彼女としてモテるということは、「女性として魅力的である」ということですので、その良さを活かしたまま、それ以外の部分をスキルアップしていきましょう。

付き合いたい女性と結婚したい女性の違い

その前に、あなたが「結婚したい」と思える男性はどんな人でしょうか?「将来的に見ても安心できる人」「浮気をしない一途な人」「価値観が合う人」「家庭を大事にする人」「ギャンブルせずに金銭感覚が合う人」などではないでしょうか?

男性もだいたい同じなのです。彼女にするなら「可愛い」だけで充分でも、結婚となると「家庭の共同経営者として」見ることになります

男性から見て結婚したい女性とは

「家庭を任せられる人」

です。

具体的には、

・人として信頼できる(約束を守る)
・家事や自己管理ができる、浮気をしない
・親や親戚に紹介しても恥ずかしくない

などです。そういった大人や社会人としての側面が「将来的に見ても安心できる人」になります。

逆に、全てにおいて依存的、お酒や男性関係にルーズ、世間知らず過ぎる、家事や片付けが極端にできない、金銭感覚がズレている(平気でブランド物をねだる)、などはマイナス点となります。

また、

コミュニケーションの取り方

も大事です。

多くの男性は女性の小言、察してオーラ、感情的な攻撃が苦手です。口には出さなくても、ストレスを溜めていて「この人とずっと一緒はキツイな」と感じている場合があります

例えば、「コンセントは毎回抜く」などと、一方的にルールを決めて、押し付けていませんか?できないからと怒り口調になって責めた言い方をしていませんか?

もしも彼が「何度言ってもできない」なら、何か理由があるのかもしれません。今はLEDの発達によって電気代もかなり安くなりました。それでも彼に、強要する必要があるのでしょうか?それは、2人の仲を険悪にしてまで守るべき大切なことでしょうか?

また、近いからこそ、「私を見ていて欲しい」「もっと分かって欲しい」という気持ちも大きくなります。だけど、いくら恋人でも、違う人間で、それぞれ経験してきたことも持っている知識も異なります。

きちんと気持ちを整理して、感情的でない言葉で伝えましょう。いかなる場合も男女で「察して」は無理です。違和感を感じたら、まずは自分の気持ちの整理、そして「私はこう感じるんだけど、あなたはどう思う?」という相談口調で話しかけましょう。

結婚したいならやること

あなたは、どんな家庭を築きたいですか?

もし、専業主婦を目指すなら、

旦那さんに「この人のために仕事を頑張りたい」と思ってもらえるような女性

でいましょう。

・料理を頑張るとか
・綺麗でいるためにメイクをサボらないとか
・仕事で忙しい彼への労いを忘れない

などです。どんなことをしたら彼が元気になるか考えてみましょう。依存的な姿勢では、「結婚相手としては頼りない」と思われてしまいます

あなたの理想が共働きなら、

家事の分担や合理化、プライベートを蔑ろにせず自分の時間を取ること

などを意識していきましょう。自分の時間さえ取れないということは、家族との時間も取れないということになります。ワークライフバランスの見直しが必要かもしれません。

一言に、「家庭を共同経営していく」と言っても、さまざまなスタイルがあります。自分の理想を軸に、相手目線で見ていくことが大事です

もちろん人は完璧ではありませんから、誰にでも苦手なことはあります。料理ができない女性が、絶対に結婚できない訳でもありません。大事なのは、「旦那さんに養ってもらって楽したい」という考えではなく、「共同経営」という主体的な意識を持つことです。

ちょっと想像してみて下さい。今、住んでいるあなたの部屋に、旦那さんがいるとしたら…。あなたの生活の中に子どもがいるとしたら…。
「部屋に物が多くてはやっていけないな」「ヨレヨレになったインナーは捨てよう」「カップラーメンは卒業しようかな」などと気づくことがあるかもしれません。出来るところからでいいのです。

現在恋人がいない人も大丈夫。

どんな婚活方法で婚活する場合にも主体的な意識を持った瞬間、ググッといい人が引き寄せられてくるはずですよ^^


恋愛コンサルタント:杏奈 薫(あんな かおる)

4歳から恋愛体質で、小学生からモテ本を読む。不登校になる程の非モテ期を10年以上過ごし、トラウマになる程のモテ体質へ変化。その後は「好きな人から必ず好かれる」両思い体質になり6年以上経つ。恋愛セミナーやイベントは累計100回以上、個別コンサルティングは200名以上に行ってきた。 もともとコミュニケーションが苦手でビビりだった経験から、男性には共感力をベースにした草食男性向けのステップを、女性には自分軸を大切にした恋愛成就の在り方を伝えている。

杏奈薫ブログ
https://ameblo.jp/carrollhoshi/

杏奈薫のプロフィール写真

記事を書いた人

杏奈薫(あんなかおる)

4歳から恋愛体質だが、人間関係が苦手で不登校になる。努力してトラウマになるほどのモテ期を乗り越えたコツを余すことなくお伝え中。現在は恋愛講師、コンサルタントとして、男性には共感力をベースにした草食系男性向けのステップを、女性には自分軸を大切にした恋愛成就の在り方を伝えている。

読むだけで恋人ができる!両思い体質になるブログ

https://ameblo.jp/carrollhoshi/

  • LINE
  • はてなブックマーク
  • pocket

この記事のキーワード