初めて出会う人とのデートを最高に充実したものにする秘訣

2018/05/30

初めて出会う人とのデートを最高に充実したものにする秘訣

ダメ恋愛指南ライターたかだまなみです。友人の紹介やマッチングアプリ経由で、初めて会う人とデートすること、ありますよね。簡単に出会えるからこそ、深い関係になれずに時間を無駄にしがち……は勿体無い!人の縁は不思議なところで繋がっていくもの。今回は初デートを最高なものに変える秘訣をお伝えします。

関係は始めるより、深める方が大事

関係は始めるより、深める方が大事
時間やお金は有限だから・・・

週末初めて会う、まだ写真だけの君。どんな服装が好みなんだろう?どんなデートがいいんだろう?そもそも安全にデートできるかな?トラブルにならないかな?とたくさん思いが浮かぶことでしょう。不安や楽しみが交錯するワクワク感ってたまらないですよね。そんな素敵な恋の始まりも、恋愛や婚活テクニックとなると時間やお金は有限で、どうしても「効率」や「コスパ」を語らざるを得ません。本当の人間関係はそんなものの上に成り立つ訳ではないのに。ですが……辛いですが……心を鬼にして私は語らなくてはならないのです……。コスパ悪い!と思わず叫び、相手の顔に口からワカメを飛ばしてしまったほどの、友人の婚活報告はこちら。


M子さんは私の友人で現在36歳。婚活サイトや合コンで3ヶ月で12人の男性に会ったとドヤ顔。恋愛や結婚に興味のなさそうだった彼女がこんなに行動しているなんて!と喜んだのもつかの間。「顔が好みじゃなかった」「条件に合わない」と、M子さんは出会った男性とデート後に一度も連絡を取っていないと言うのです。「むしろ連絡ブッチしてる」とまたもドヤ顔。せっかく繋がった関係をゴミ箱に捨てるなんて、まるでサッカーのハリルホジッチ監督がされた事のよう。お前は日本サッカー協会か!


そんなひどい真似をしていたら、いつまでたってもゴールは見えてきません。というか、そのプレーに果たしてゴールは存在するのか?あなたのやっているプレーはボールを手で抱えて持ち去るようなものではないのか?ボールは友達じゃないのか?もっと心を整えて勝利をたぐり寄せようよ!とM子さんに血眼で問いただしていたら朝になりました。あぁ、朝の富士そばのうまさよ!

デートにもゴールを意識しよう

デートにもゴールを意識しよう
次に繋げることが大切

デートのゴール、私たちはそれをきちんと意識してから現場に向かうとしましょう。初めて出会う人とのデートで決めるべき華麗なシュートとは……その方と恋におちることではありません。「え?違うの?」とすぐさまツッコんでくれた俊敏な方。いいですね!貴方を恋のフォワードに配置しましょう。初めて会う方と恋に落ちたらとてもラッキーですし、とっても嬉しいですが、残念ながらそう簡単に事は運ばないのが普通。恋の女神はけっこう残酷。天上界で非婚者を嘲笑っています。これ、覚えておきましょう。そして女神に負けん気をふるい起こしましょう!


デートを充実したものにする秘訣は、「次」があるからと言うことに尽きます。もう一度デートする、互いを幹事に合コンをする、紹介し合う等、やり方は色々あります。そうそう、先日とある婚活の場に行って驚いたことがあります。それは婚活をしている方たちのSNS使用率の低さです。ギリギリLINEはやっているけど、facebookやTwitter等から発信する事はない、という方で溢れていました。


LINEはメールの延長なので、明確な用事があれば良いですが、弱い繋がりの人とゆるく話せるということがありませんよね。その点facebookなら「へ〜そんなお店あるんですね!今度一緒に行きませんか?」みたいな話もできます。初デートでは次に繋げることが大事だと言いました。2回目のデートや、その人から繋がる友人との合コンにキャリアメールやLINEがダメと言う訳ではありませんが、やりやすさなら生活が少しでも発信でき、その後も繋がり易いSNSの利用をおすすめしますよ。

トキメキや第一印象で判断せず、次に繋げよう

トキメキや第一印象で判断せず、次に繋げよう
その出会いが未来のご縁に繋がるかも

私は食事を残すのが嫌いです。広告の紙にしても裏が白紙なら、取っておいてノートとして使う戦後のおばあちゃん感を漂わす”勿体無い病”です。ご飯や紙と同様(にしていいのか不明ですが)、一度出会った方とその後何も繋がりができなかったら、勿体無いと思ってしまいます。あなたはどうでしょう。恋愛や結婚に結びつかなかったとしても、友達は多い方が良いですし、その方から繋がることができる友人は未知の領域。狭い領域にいるあなたはJ2プレーヤー……の下のトレーニングセンターから抜け出せていません。日本代表になる必要はありませんが、世界は広い方がいいに決まってますよね!


先日私も一度目の結婚をしてみましたが、実は初デートをした時の夫の印象はあまりなく、恋してるワ!トキメいて仕方ないワ!と言うようなロマンスはありませんでした。でも、夫の人間性は素敵で徐々に気に入って結婚しました。初デートにロマンスやドキドキを求めたい気持ちはとてもよくわかります。が、それだけではないかもしれませんね。きっと一瞬のトキメキよりも、噛み締めるほどに味わい深い関係があなたを待っているはずです。デートの秘訣は「次」に有り!デス!それではまた来週お会いしましょう。

ライター:たかだ まなみ
自分自身の結婚相手を見つけるため、架空の企業「株式会社たかだまなみ」採用ページに見立てて、婿を採用するWEBサイト「次世代婚活 (株)たかだまなみ パートナー採用特設ページ」を公開、自身が生活する浅草橋のシェアハウスを拠点に採用活動を行う様子をネットで公開すると共に、恋学では自身の恋愛論を展開する。

株式会社たかだまなみ パートナー採用特設ページ
http://manadum.com/

関連記事